2018年1月21日日曜日

怪老人日乗:1月19日(金)

快晴。
週明けは東京も雪らしいが、それが信じられないほどの青空である。


午から取材2件。まずはJRを乗り継いで、普段あまり縁のない大井町まで。あ、この駅はずいぶん前に降りたことがある。そうだ、怪談専門誌『幽』主催のイベント「怪談ノ宴」を見るために、きゅりあんという駅前のホールまで来たことがあったのだ。
調べてみるとイベントが開かれたのが2009年9月12日。うわあ、もう10年近くも前……。わたしも上京して間もない時期、バイトで糊口をしのいでいた頃である。パンフレットを探したら、ありました、ありました。蛇腹型で一面にはイベント出演作家のアンケート回答、もう一面には山下昇平さん画の「城南怪談繪圖」が掲載されている。出演陣の皆さん、9年前とほぼ見た目が変わっていないことにも吃驚。怪談にアンチエイジング効果ありや。




大井町で降りるのはあの日以来だ。線路沿いの渋い細道を歩き、某所に赴いて取材一件。JRの敷地内に煉瓦づくりの古風な大きな建物が見え、それがいかにも怪奇映画風で思わずシャッターを切る。あとで検索してみると、旧大井町変電所であるそうな。小一時間で仕事は済み、そこから神田へ移動。次の取材まで3時間ばかあったので、カレー屋とコーヒー屋で時間を潰す。定年近い年頃のサラリーマン2人づれが「よし、ここにするか!」と明るく言い合って雑居ビルに入っていくので、うまい店でもあるのかと思ったら「アジアン美女マッサージ」的なお店であった。世のお父さんはああして発散しているのだなあ。コーヒー屋はたまたま目についた斉藤コーヒー店。ずいぶん古くからある店らしいが、付近をぐるっと歩いてみると、他にもいい感じの喫茶店が多く、さすがは日本有数のオフィース街という感じ。






もう1本、取材を済ませ中央線で帰宅。夜はDVDで映画一本。このところ松本清張原作の『黒い画集』シリーズを続けて見ていて、この日は鈴木英夫監督『黒い画集 第二話 寒流』。 池部良演じる銀行マンが出世して美しい愛人を得たのもつかの間、好色常務の平田昭彦が絡んできたせいで一転つらい目に遭いまくるという話で、その転落の過程が一種のサスペンスになっている。池部良のじめっとした目つきが素晴らしく、ヒロインの新珠三千代ならずとも「みじめね」と感じてしまうのだ。しかしまあ、平田昭彦と志村喬が同じ画面に映ると、やっぱり身を乗り出してしまうよね。


KADOKAWAより工藤美代子さん『怖い顔の話』(角川文庫)が届く。かの感涙の名作「ヨシエさんの霊感」を含む怪談実話集『ノンフィクション作家だってお化けは怖い』の文庫版である。この文庫化に際して追加収録された工藤さんと荒俣宏さんの巻末対談(「日常の中に〝死者〟と〝あの世〟を探して」)の取材・構成を担当しております。
1月25日発売。印象的なカバー装画は、嶽まいこさんによるもの。



2018年1月17日水曜日

怪老人日乗:1月16日(火)

快晴。日中は3月並の陽気とか。


昨日は飯田橋にて某ホラー作家さんに取材。今日も今日とて原宿にて取材1本。今週は取材が5本あるという特異週だが、こういうペースで仕事しないと食べていかれないのも事実。南無阿弥陀仏。
久しぶりの原宿駅である。タケノコ族はさすがに絶滅、ホコ天バンドもいなかったが、平日でも賑やかな雰囲気は相変わらずである。竹下通からほど近いところにある某スポットで取材。


小一時間で無事に済んで、新宿に立ち寄り。調子が悪くなったミラーレス一眼を、オリンパスの修理センターに持ちこみする。新宿西口から都庁にかけての地下街、詳しくない人間にはまるで迷路で、なかなか目当ての出口にたどり着けず。諸星大二郎の短篇「地下鉄を降りて…」を思いだして怖くなる。
全身汗まみれになりやっと到達した窓口では「イメージセンサーの故障でしょう」と診断され、さらにモニターも壊れていることが判明し、見積額は3万9000円。グエッ。「家族と相談します…」と小声で言い残して、その場を去る。どっと疲れた。
朝から頭痛があり、めりめりと頭蓋骨割れそうな勢いになってきたので、地下街のバーガーショップ的なところで休息。どうにも1月は体調がよろしくない。
そういえば数年前、なんの苦労もなく禁煙に成功したのも1月のことであった。風邪が長引いて煙草を吸う気にならず、それでも無理矢理吸ってみたらあまりのまずさに悶絶し、自然と喫煙習慣が抜け落ちてしまったのである。


発売中の『小説野性時代』2月号にて、原稿を2ツ書いている。
ひとつは宮部みゆきさんの「三島屋変調百物語」シリーズの特集。シリーズのこれまでをおさらいし、全25話の簡単なあらすじ紹介を書いた。読み切りが掲載されているのにわせての企画である。
「三島屋」シリーズは1巻からリアルタイムで読んでいるが、ちゃんと話数をカウントしながら読んだことがなかったので(天下のウィキペディアにも出ていない)、貴重な経験でした。編集さん&著者ご本人のチェックが入っている記事なので、おそらく今後これがオフィシャルな話数カウントとなるはずです。
もうひとつが今野敏さんの伝奇警察ミステリー「鬼龍」シリーズの特集。こちらも新章が今月号から連載スタート。それにあわせて主要キャラ紹介、オカルト用語解説などを書かせてもらいました。
両シリーズのファンはお見逃しなきように。



2018年1月14日日曜日

怪老人日乗:1月13日(土)

快晴。
布団のなかで息子に怖い話をするのが、毎朝の仕事である。今日話したのは「留守番をしていたヨシコさんという女の子がテレビを見ていて、砂嵐のチャンネルに合わせたら彼女の名を呼ぶ声が聞こえた。他のチャンネルにしても、電源を切っても砂嵐と声は消えない。ついに画面から白い手が伸びてきて、ヨシコさんはテレビの世界に引っ張り込まれてしまった」という、『ポルターガイスト』&劇場版『リング』&『ねないこだれだ』みたいな話。こういう話は3歳児が聞いても怖いらしい。子どもでも分かる怖さと、伝わりにくい怖さとがあるみたいで、やっててタノシイです。


午前中、久しぶりにお鷹の道のあたりを散歩。京都の哲学の道をぐっとコンパクトにしたような、静かな自然遊歩道である。小川には蛍のエサになるカワニナが棲息している。豪農の家で蜜柑を一袋買って帰る。
午後は国分寺で仕事。七七舎で値付け&取り置きをお願いしてあった『ホラーマガジン』。今日行って聞いてみると、驚くほど安い。その6、7倍だろうと思っていたのだが……七七舎、偉い。




このところ仕事の合間に読んでいるのが、『Jホラー、怖さの秘密』(メディアミックス)というムック。鶴田、小中、中田、高橋、黒沢、一瀬、清水といったJホラーブームの立役者・キーパーソンをはじめとして、安里、松木、大畑、内藤といった第二世代、第三世代のクリエイターまでをカバーした大量のインタビュー記事は読み応えあり。ツボを押さえた作品レビューも役に立つ。無署名だけど誰が書いているんだろう。
この本、2104年に出たものだが、今hontoでアウトレット本扱いになっていて、600円ちょっとで買えるんですよ。Jホラー映画好きにはおすすめです。



2018年1月13日土曜日

怪老人日乗:1月12日(金)

日本全国大雪。されど東京は快晴。


午前中から家を出て、都内で転々と仕事。合間に映画の試写一本。これも仕事絡みである。帰り道、書店チェックして『UFO手帖2.0』(Spファイル友の会)を発見。以前ここで紹介したこともあるUFO同人誌の新刊が出たのだ。即座に購入。
国分寺の古本屋、七七舎に立ち寄って(お目当ての雑誌はまだ棚に出ていなかった) 寒空の下、ふらーりと怨霊のように帰宅する。
夕飯、鯖の塩焼き、大根と絹揚げの煮物など。自家製梅ジュースを炭酸水で割って、DVDで映画鑑賞。
夜、京都の旧友K君より連絡。烏丸今出川の交差点にあったTSUTAYA、閉店してしまったという。一等地で地代も高かったのだろうが、学生街にレンタル屋がなくなるとはねえ。もっともわたしも京都時代ここのTSUTAYAあまり使わず、千本中立売の角にあった2階建てのレンタル屋ほか(名前失念)、鞍馬口のマジカルブレイン、大徳寺のビデオインアメリカ、高野のビデオワンまでせっせと自転車を漕いで通った。暇だったのだね。


そうそう。今日の夕方、某駅ビルにて楳図かずお先生を目撃した。前にも吉祥寺の路上で一度、お見かけしたことがあるが、今日はもっと至近距離。赤白ストライプのマフラーを巻いて、X-girlのブルゾンをはおっておられた。お元気そうでした。よかつた、よかつた。


さて。
前からやろうと思っていた「シリーズもので持っていない巻はどれだ」チェックに着手。
今日はちくま文庫を総ざらいする。特に気になっていたのが、東雅夫編「文豪怪談傑
作選」シリーズだ。何冊か買い逃していたという自覚はあるが、それがどれなのか明瞭でなく、本屋に行っても阿呆のように手にとっては返し、買うことができず。困っていたのだ。

で、やりましたよ。
ありゃ!シリーズ5巻目にあたる『百物語怪談会』がいきなり抜けている。この楽しそうな本をなぜ買わなかったんだ、当時の自分。お金がなかったのかなあ。さらに見ていくと『折口信夫集 神の嫁』『芥川龍之介集 妖婆』がないことも分かる。折口は難しそうだから後回しにしたんでしょうな。
その後の明治・大正・昭和篇と続いたシリーズは順調に揃えているが、鏡花=柳田ラインの作品をまとめた労作「花柳叢書」は『河童のお弟子』も『山海評判記/オシラ神の話』も持っていない。うーむ、こりゃ幻想小説ファン失格だ。
幻想小説といえば「世界幻想文学大全」、『幻想文学入門』と『怪奇小説精華』の巻は買っているのに、なぜか『幻想小説神髄』だけ抜けている。怪奇を優先して、幻想まで手がまわらなかったか。




その他、ちくまの気になっているシリーズものもチェック。ほぼ全巻持っているだろうと思っていた日下三蔵編の「怪奇探偵小説傑作選」「怪奇探偵小説名作選」が案外ボロボロだったり、西崎憲編のアンソロジーでは『怪奇小説日和』を持っているのに『短篇小説日和』を買っていなかったり。
もともと網羅欲がそれほど強くないうえに、手もと不如意であることが多いから、どうしても歯抜け蔵書ができてしまう。自分のテキトーな性格の体現とはいえ、なんとなく背中がかゆくなる作業なのでした。がんばって揃えるぞ。



2018年1月10日水曜日

怪老人日乗:1月9日(火)

快晴。
北日本はまたも大荒れらしいが、東京は春先の暖かさである。
午前中からせっせこ原稿。you tubeで妙ちきりんな歌をいろいろかけながら午後までやり、2時になったので身繕いして都心に出発。久しぶりに電車に乗ったら、情けないこと、酔いました。ぐったりして本も読めず。午後そこからゲラ戻し、某誌の入稿、レビュー下書きなど進めて、午後7時からずっとお世話になっている某月刊誌の新年会へ顔を出す。


若い頃はこの手の集まり、どうしようもなく苦手で、直前になって仮病でキャンセルしたり、本当に具合が悪くなって帰ったりしていたのだが(自分の送別会で「目眩がするのでそろそろ……」と中座したこともある)、もう大人だからそういうことはない。楽しく2時間飲む。会場は神楽坂のAZZURRIという、朝松健『弧の増殖』の擬音のような店名の(分かりにくい喩えですみません)肉料理中心のイタリアン。


お向かいがフリーのデザイナーさんで、「われわれみたいな人間、老後はどうなるんでしょうねえ」という話などする。フリーランス同士で盛りあがる鉄板の話題だが、解決策が見えたためしがない。結局、一発当てて逃げるしかないのか。あとは20代の女性編集者たちがマリスミゼルを知らないことに軽いショックを受けたり。ビジュアル系ブーム遠くなりにけり。それほど大きな声を出したつもりはないのだが、こういう席だと普段と違う発声になるのか、1時間ほどで声がかれ、咳が出る。これもまた情けないことである。


帰宅して風呂でレビュー用の本など読み進め、明日の取材の支度をして寝る。
そうそう。忘れぬように書いておくが、先日本を売りにいった際、国分寺の七七舎には『ホラーマガジン』(『SFマガジン』1987年7月臨時増刊号)があったのだ。ずっと探していた本。なんたってタイトルがいいじゃないですか。『SFマガジン』『ミステリマガジン』ときて『ホラーマガジン』。第三の矢がついに放たれた、という感じがして。
左手で買取の紙袋を差しだすかたわら、右手でむんずとひっつかみ「これください」と叫んだのだが、まだ値付けが済んでいないとのこと。うーむ残念。こうなったらしばらくの間、七七舎に通い続けるしかないだろう。


(『弧の増殖』の擬音めいた……)

2018年1月7日日曜日

怪老人日乗:1月7日(日)

快晴。
仕事部屋に溢れかえっている本から、売れるものを峻別。40冊ほど紙袋に詰めて、国分寺の七七舎に売りにゆく。いつもなら西荻窪の音羽館まで売りにゆくのだが、今日は子連れだったので近場で。査定結果は後日。それにしても、40冊減ったくらいでは室内の見た目はまったく変わらない。怪奇幻想小説と超常現象をきっぱり諦めたら8割くらい減らせそうだが、そうなると本を持っている意味がなくなる気もする。
日中妻は花屋さんとの新年会に出かけ、数時間子どもと過ごす。わたしはいまだ風邪気味で調子出ず、子どもも鼻ぐずぐずで体力なし。夕方帰宅すると部屋の電気消えており、妻悪寒がするといって寝込んでいた。風邪に魅入られた正月であることよ。


そうそう。
いま思いだしたが昨晩、近所のコンビニまで買い物に行ったら、その脇に白い帽子をかぶった小さなお地蔵さんが立っていた。おかしいのである。帰省するまではここにお地蔵さんなど立っていなかったはずだが……。風邪で頭ぼんやりしていることもあり、その佇まいが妙に怖い。背筋がひんやりとする。こわごわ近づいたら、何のことはない、ごみのつまったビニール袋が低いフェンスに置かれているだけであった。


『本の旅人』1月号(KADOKAWA)とどく。
巻頭インタビューの下村敦史さん(新刊『サハラの薔薇』について)、川瀬七緖さんと池澤春菜さんの対談(川瀬さんの新刊『テーラー伊三郎』について)の2企画の取材・構成を担当しました。ご高覧いただけると幸いです。




2018年1月6日土曜日

怪老人日乗:1月6日(土)

扠。
東京に戻ってきてぼちぼち仕事にも復帰。原稿を書いたり、本を読んだりという日々が戻ってきた。
年末年始のことをすこし書いておくと、帰省中は実家にて風邪が蔓延。毎日誰かが寝込んでいるという状況で、わたしも2日ほど寝込む。幸い父と弟夫婦、医療従事者が3人いたのでどこからともなく薬がざくざく出てきて、熱が出たといっては解熱剤、頭が痛いといっては痛み止めがもらえたので安心であった。「アレルギーにはこんな新薬がある」「いや、こっちの方がスゴイ」と薬物対決みたいになっていたのが傍目には面白かった。
1月2日の夜にはわが家のルーツを父に聞く。前々からやらねばと思っていたインタビューの第一回目である。しかし話の流れから大半、母方のルーツの話になり、まそれはそれで知らない話が多かったのでよかった。父方は祖父が記した書き付けがあるというので、それをコピーしてもらう。なるほど、これで大体のことは分かったが、まだ明治末~敗戦にかけての樺太時代など不明点が多い。それは二度目以降にインタビューしてゆくことにする。


1月3日のはやぶさで東京に戻る。初めての北海道新幹線であった。3歳児に片道6時間はさすがにきついので、盛岡にて一泊。2日に分けて帰ることにした。久しぶりの盛岡では2軒で名物の冷麺を食べたり、光原社で福引きを引いたら平皿が当たったり、その裏でウィンナコーヒーを飲んだりして過ごす。盛岡城趾公園では警察官の年始行事にでくわす。ずらり並んだ警察官の前で偉い人が挨拶していたが、あれだけの拳銃はそうそう見る機会がない。壮観であった。お城の前はちょっとしたお洒落スポットになっており、ファイヤーキングがたくさん揃ったお店を発見。盛岡の消火栓は赤かった。




4日の午後の新幹線で盛岡発。大宮経由で懐かしの国分寺に帰着。当然のことながら雪は一ミリも積もっていない。函館で遭遇したあの大雪はなんだったのか、狐につままれたような気さえする。夕飯、4日から営業している感心な近所のそば屋。カレー南蛮蕎麦、味噌煮込みうどんをそれぞれ。帰省から戻ってきた日の食事は、なんとなくいつもこのそば屋である。
で昨日あたりから仕事再開。仕事用のプルーフを読み、原稿を1本書き上げてメール送信。仕事のメールなどもぼちぼち来はじめる。




今日も朝から最寄りの市立図書館。この時期の仕事部屋は寒すぎて病気になりそうだ。ウルトラマンジードは昨年末で終わり、今日からオーブの新シリーズが始まったが、子どもはまだジードの方が好きらしい。クリスマスにDXジードライザーをもらったのだから、そうでなくては困る。夕方まで原稿やって半分過ぎまで書き、今夜中に片がつきそうだったので帰宅。夕飯、トマトと挽肉のパスタ。仕事部屋に北海道産の豆菓子「ボンゴ豆」が置いてあって、つい一袋近く食べてしまう。おそろしいことだ。ボンゴ豆については昨年も記事を書いている。


実家から子ども時代に読んだお化け本を何冊か持ち帰ってきた。なかでも発見できて嬉しかったのは、これ。ジュニア・ノンフィクション作家協会編『ほんとうにあったふしぎな物語』(あすなろ書房)である。目次を抜粋してみると「ツタンカーメン王のなぞ」「マンモスのなぞ」「ふしぎなオオカミ少女」「さばくの聖書」「戦艦陸奥はどうしてしずんだか」etc。つまるところ小学生向けの世界怪奇実話集である。
当時とりわけ強い印象を受けたのが、「さばくの中のふしぎな飛行機」。砂漠で発見された飛行機から乗組員が忽然と消えていた、といういってみればマリー・セレスト号事件の砂漠版である。大勢の人が同時に消えるというシチュエーションは、いまも昔の恐怖のツボであるが、その原体験のひとつは間違いなくこれ。長年「あの話って典拠は何だったのだろう?」と気になりつつも、本の正確なタイトルが思い出せず、そのため図書館などでも探索できなかったので、今回発掘できたのは喜ばしいことである。



2018年1月1日月曜日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
本年はこれまで以上にホラーな活動に邁進してゆく所存です。
皆さまどうぞ何卒宜しくお願いいたします。
奇妙で素敵な一年になりますことを。


怪奇幻想ライター 朝宮運河識





2017年12月31日日曜日

怪老人日乗:12月29日(金)

快晴。
函館市立本通中学校時代からの旧友、F君とランチ。会場は通学路上にある明治パーラーという喫茶店。毎日店の前を通っていたのに、中で飲食するのはこれが初めてである。まあ中学生には縁のない店だが、それにしてももすこし早く来ていてもよかった。ハンバーグ、グラタン、ピラフといった昔風の喫茶店メニューに、パーラーらしくフルーツパフェなどの西洋甘味もある。お互い子連れだったので総勢6人。「こちらへどうぞ」と通された奥の席の壁には、なぜだかレッドツェッペリン、サンタナ、エアロスミスなどのアナログ盤飾られていてますます「こりゃあもっと前から来ていればよかったね」と話をした。
F君、息子雪男(仮)のために昔自分が遊んでいたというウルトラセブンのソフビ人形もってきてくれる。事前には「ユートムしかないと思う」との話だったが、いざふたを開けてみるとごらんのとおり6体もメジャーな怪獣が出てきて、子どもは大喜びであった。




F君の車で送ってもらって帰宅した後、午後は近所の公園で雪遊び。仕事まだ残っているので夜、父のノートPCを借りて原稿を進める。


今日紹介する実家のお化け本はこれ。『絵ものがたり 日本のおばけ話 3年生』(実業之日本社)。初版1979年。書棚には同シリーズの『1年生』『2年生』も並んでいた。
収録作は「ヒーヒーとなく夜なき石」「安達が原の鬼ばば」「てんぐにやかれた男」「おばけムジナ」など古典怪談を子ども向けに翻案したもの。「ウのおばけ」は青木鷺水の『御伽百物語』から、「ウナギのたたり」は滝沢馬琴『兎園小説』から。「ばけもののへや」「かさねがふち」の2編はまんがである。
読み返していてびっくりしたのは、「かさねがふち」などを描いている漫画家さんが明らかに手塚治虫タッチであること。田中圭一かというくらい似ているのだが、調べてみると手塚プロのチーフアシスタントだった甲斐謙二さんが描いているのだった。


(手塚美女!)

怪老人日乗:12月28日(木)

雪。
午前中から家族で散歩に出る。バスに乗って五稜郭公園まで。子どもを連れて五稜郭タワーに上る。2006年に建て替えられるまで、五稜郭タワーといえば四角い羊羹の箱のような形状であった。高校時代、毎日その脇を通って下校していたので、いまだにあのイメージが強い。科学特捜隊チックな今のデザインになってから上るのは、これが初めてだ。エレベータで地上90メートルの展望台に上ると、ちょうど雪がやみ、函館市街が一望できた。




昼食にお寿司食べた後、北海道立函館美術館にて「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」鑑賞。猫美術コレクターが長い年月を費やして蒐集した内外の作品が一堂に会した展示である。中には金子國義、合田佐和子、レオノール・フィニーなどの作品も。その脇にある北洋資料館は北洋漁業に関する資料を展示しているマイナーな博物館で、高校の頃はなぜか学校帰りによく足を運んだ。別に漁師になりたかったわけではなく、カニ工船に興味を持っていたわけでもなく、北洋漁業を体感できるシミュレーターのような乗り物が好きだったのである。子どもと久しぶりに乗る。
夕方、バスを待つがいつまで経っても来ず。まあこれも雪国ではよくある話。タクシーに乗って実家に戻る。夕飯とって風呂で仕事本のゲラ読み。原稿すこしやって寝る。


今日紹介する実家のお化け本はこれ。『シミュレーションゲームブックス 名探偵ホームズ 恐怖の魔宮』『名探偵ホームズ 謎の地下迷宮』(学研)。初版はともに1987年。
小学校高学年の頃、空前のゲームブックブームが訪れた。これもその流れで出てきたシリーズで、読者は名探偵ホームズとなってゲームや難問をクリアしながら、事件の謎を解き明かしてゆく。『恐怖の魔宮』はインドの邪教集団の僧院が(『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』を彷彿させる)、『謎の地下迷宮』はネス湖が舞台になる。
個人的には前者のほうが好きで、くり返しプレイした覚えがあるが、後者についてはいまいち肌があわず、内容もほとんど覚えていない。
ところで『地下迷宮』のカバー右下が青く塗りつぶされているのは、なぜだかお分かりだろうか?そう、消費税導入のため定価が変更になったからである。