2017年11月18日土曜日

怪老人日乗:11月17日(金)


早朝から原稿。今日中に色々なんとかしないとやばい感じ。とりあえず書き上げたレビュー原稿一本送り、そこから図書館に出かけて文庫解説の原稿。お昼を食べてさらに夕方までじりじりと。アッという間に夜になり(原稿やっていると一日の早いことよ)、早めに夕飯。朝食にジョンソンヴィルのソーセージが出てきたのを、まちがえて「ジャクソンビル」と言ってしまう。そりゃあフランスのゾンビ小説だ。


どうしても作業することがあり、日が暮れてから中央線で都会まで。某誌のための編集作業する。行き帰りの電車では仮眠するつもりだったが、岡崎武志『蔵書の苦しみ』(光文社智恵の森文庫)が面白くて目がさえてしまう。大量の本を持ち続けることがいかに大変であるか、蔵書数万冊をほこる著者が、ほかの蔵書家へのインタビューを交えながら、なかば「惚気」ながら綴った本。読んでいて驚いたのは、西荻窪時代によく通っていた青梅街道沿いの古書店「モンガ堂」に関するエピソード。もとサラリーマンのご主人は岡崎氏の著作をきっかけに古本にはまり、定年退職後わずか数年でトランクルームを借りるほどの超古本マニアになってしまった。モンガ堂はその蔵書を並べた店だというのだ。しかしこの本に出てくるコレクター、みんな蔵書が「万」の単位なのがすごい。


 夜道をひたひた帰宅して23時。仕事部屋の机と椅子をたたんでスペースを確保した後、手持ちの本をひたすら広げる作業。岡崎氏の本でも書かれていたことだが、いざという時頼りになるのは自宅の蔵書なのだよなあ。ずっと買おうと思っていた岡本綺堂『中国怪奇小説集』、書棚の奥で発見。オーノー。風呂にはいって深夜まで作業。




2017年11月17日金曜日

怪老人日乗:11月16日(木)


快晴されど風冷たし。息をすると鼻孔にガラス棒突き刺されたかのよう。普段どおりに起きて朝食。子ども風邪気味で体温測ると39度。そのため珍しく食欲なし。それでもお父ちゃんは仕事に行かねばならんよ。午前から都心に出て、コーヒー屋にこもって原稿書き、取材の仕度。
午後KADOKAWA本社にて某誌取材一件。 ビルのエントランスで『ザ・リング リバース』なる映画のチラシ置かれているのを発見。「これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた」(鈴木光司)ということである。1月26日公開。行こうかなあ。


楽しい取材を終えて夕方。そそくさと自宅方面へ戻って、タリーズコーヒーにて作業。なんとなく曙光さしてきて心晴れやかになり、多摩図書館に移動して閉館時間まで。といっても原稿終わったわけではなくて、なんとかなるという目算が立ったのみ。帰宅すると家中深閑。子どもが風邪で寝ているのでそっと夕飯を食べ、妻とウルトラマンレオの話してから仕事再開。大物を一旦わきにのけ、小物をいくつか片づける。豆を食べ、コーヒーを飲み、深夜まで作業。
今日会った編集氏、リメイク版『IT』行ってきたそうで「かなり怖いですよ……」と真顔で脅してくる。そんなこと言われると怖いじゃないのよ。


さて。この日記を開始して10日ほどが経過した。続いているのは意外ではない。というのもここ20年くらい、私的な日記をつけ続けているからだ。このウェブ日記はその出張版という感じであって、日記を付けること自体は苦ではないのです。問題はこのウェブ日記をつけているせいで、個人的日記の更新が滞っていることくらいか。
しかし、あらためて読み返してみると華のない日々であるなあ。出先でコーヒーばっか飲んでいるではないか。一度ドンペリというものを飲んでみたいよ。



2017年11月16日木曜日

怪老人日乗:11月15日(水)


快晴。起きて朝食。午前中原稿をやって午後から仕事。小石川にて某誌の取材一本。面白くも刺激的なシチュエーションでの取材でした。そのまま春日駅直結のコーヒー店で仕事。仕事用の本読みなど。なかなか趣味的な本が読めないなあ。そっから地下鉄で新宿に移動。これまた仕事用で本買い。なかなか趣味的な本が買えないなあ。


くたびれ果ててマッサージに行こうと思ったが、いざ探すと見つからず。むーん。へろへろになって夜帰宅。夕飯、水餃子、海老炒飯、その他。なぜか山本嘉次郎監督『ハワイ・マレー沖海戦』(1942)をDVDで鑑賞。日本海軍直伝の「がんばりの精神」を骨身に叩き込み、えいやっと夜まで仕事。でも疲れたよー。寝る。
というわけで今日は写真ナシ。



2017年11月15日水曜日

怪老人日乗:11月14日(火)


曇りときどき小雨。朝食とって仕事。中途半端だった原稿、一本仕上げて昼までにメール。外出するつもりでお弁当用意してもらっていたのだが、行かなくても大丈夫になり、家族と一緒に自宅で食べる。


しかしまあ、このまま家にこもっているのも何なので30分歩いて国立駅前まで。国立の駅付近はコーヒー店多く、仕事するのに困らない。そういえばうちの遠い親戚がこのあたりで喫茶店を営業していると風の便りに聞いたが、一体どこなんだろう? ここぞという時のミスド頼み。ミスタードーナツにこもってゲラ読了。うう、感動的な話であった。河岸を変えてさらに原稿書き。座り疲れたので、駅に隣接した書店のぞく。マンガの新刊チェック。『恋は雨上がりのように』『累』の新刊出ていたが、とりあえず『アオイホノオ』のみ購入して帰る。伊藤潤二は今『人間失格』を描いているのか……。ノラネコぐんだんのコラボカフェが出ておりました。愛い奴よのう。


いくつか〆切のしかかり、悪い霊にでも追い詰められた気分。大学に入学してすぐ、とある授業で壇上に立った教授がいきなり「このなかには夏休みの宿題を最終日まで後回しにしていた人もいるでしょう。そういう人はずっと変わりません。一生そのままだと思ってください」と言い放ち、なんてことを言うんだと反感抱いたものであったが、あの先生は正しかった。人生そういうものである。
「ストレス低減チョコ」GABAをかじりながら夜半過ぎまで仕事。ほんとうに効果があるかどうかは知らない。どうにか、なる。くたびれたので寝る。





2017年11月14日火曜日

怪老人日乗:11月13日(月)


朝食とって仕事。 おみやげでいただいたのどぐろの佃煮、美味。昨日あらかた書き終えた原稿をまとめてメール送信。午後は飽きてきたので都立多摩図書館。こまこました仕事、やっと終わって少々長めの原稿にとりかかる。都立図書館が近所にあると、文芸誌のバックナンバーが閲覧できて便利便利。途中、家の鍵もたずに出たという妻と子どもが顔を出す。


夕飯時に図書館を出ると、なんとまあ雨。小走りで帰るもやみそうになく、書店で雨宿り。『ムー』の最新号立ち読みする。夜な夜な寺院をさまよい歩く即身仏のミイラ、というニュースがなかなかすごい。コティングレー妖精事件の新写真発見、という記事も興味深かった。そのうち一般公開されるというから、ぜひ見に行きたいものだ。
帰宅して夕食、メインは鶏肉をA1ソースでソテーにしたもの。お風呂でゲラ読み。こいつあ面白いや。ここ数日、話が二転三転していた某仕事、結局なしになる。事前準備していたので残念だが、まあ往々にしてあること。それとは別にお仕事のメール一件。こちらはホラー/怪談絡みなのでありがたく引き受ける。


ところで普段使用しているoutlookメール、こちらでは普通に書いているつもりなのに、どうも先方に届く際には全文一行アケになっていると思しい。返信メールを見るたびに「うわ、わたしって阿呆みたい」と悩んでいたのだが、いま検索してみて分かりました。HTML形式をテキスト形式に直せば改善されるらしい。あー、よかった。
文藝春秋A氏より9月に出た陳浩基『13・67』(天野健太郎訳/文藝春秋)送っていただく。香港の現代史を扱ったミステリーで、ウォン・カーウァイが映画化権取得しているとか。上下二段組みの大作。じっくり読ませていただきます。新刊を買えない貧困生活が長かったので、本を送ってもらえるのが一番嬉しい。






2017年11月13日月曜日

怪老人日乗:11月12日(日)


東京は小春日和。朝食とって部屋で仕事。
このブログの閲覧内訳をみると、いまや大半の人がiPhoneかアンドロイド端末で読んでいるようなのだ。PCバージョンだと右端に最近の仕事一覧が表示されるが、スマホ用だとレイアウトの都合上それが出てこない。どうしたもんかな。公園に遊びに行っていた家族帰宅。お昼一緒にとる。


午後は運動がてら国分寺駅前まで歩き、コーヒー屋で作業続き。頭を使うというより、肉体を酷使するたぐいの作業を終日。家でやっていると気が散りそうだったので、外で音楽を聴きつつやる。19時までやってへとへと。努力の甲斐ありあらかた終わった。うちに帰ると3歳の息子が、使わなくなった古いノートパソコンを広げて、「スタバごっこ」をしている。これが21世紀の親父の背中であるか……。


夕飯、シーフードのストロガノフ、その他。
子どもが寝てから、DVDで見ているドラマ『テンペスト』を1話だけ鑑賞。池上永一の原作は読んでいるが仲間由紀恵のドラマ版は未見だった。最近沖縄旅行で初めて首里城に行き、あらためて琉球王朝に興味もったので今更見ているというわけ。後半の展開、かなり忘れているのでハラハラ。しかしよく出来た話だなあ。
ところでこの沖縄旅行、10月末ならまだ海に入れるぞというので出かけたのだが、折悪しく巨大台風が重なり、一日ホテルに缶詰というなかなかスゴイ経験をしたのであった。暇なので巨大なリゾートホテル内をぶらぶら、売店で小原猛氏の『琉球怪談作家、マジムン・パラダイスを行く』(ボーダーインク)を見つけて買った。さすが沖縄、ホテルの売店で小原怪談が買えるとは、と驚きながらベッドで読み、寝たり起きたりよだれをたらしたり。これでは家にいるのとあまり変わらないナア、と思った。


深夜まで仕事したところでエンジンが急停止し、朝まで寝る。






2017年11月12日日曜日

怪老人日乗:11月11日(土)


快晴。朝2時半に起きて仕事。某イベントレポート記事、下書きおえたところで朝食。ちょいと仮眠した後また原稿、完成させてメール送信。午後から所用あって御茶ノ水に出る。
上りの中央線車内で、天野行雄氏(日本物怪観光)によく似た人を見かける。あ、天野さんだ、と近づきかけたがどうも違う。顔かたちは天野さんなのに、10歳くらい年上な感じである。うーん、他人のそら似かしら。首をひねっていると、さらに妙なことに気がついた。その真向かいに座っている青年、身なりはしゅっとしているのだが、頭のてっぺんに黄色い葉っぱが載っている。その隣に座っている女性は、ぼんやり虚空を見ながら菓子パンをもぐもぐ食べている。この3人、他人同士らしいがなんだか共通した雰囲気がある。妖怪電車にでも乗り合わせたような案配で、すこし怖くなった。


大学院時代の友人Iさんが神戸から上京中。神保町で待ち合わせて久々に再会。まずは@ワンダーで怪奇幻想ミステリーを物色しつつ近況報告。
Iさんは同志社の田中励儀ゼミに聴講に来ていた方で、そのゼミでは倉橋由美子の発表などしていたのではなかったか。当時出ていた数北七人編「猟奇文学館」シリーズ(ちくま文庫)の話などから仲良くなって、彼女が他大学の院に進んでからも交流は続いた。とにかく空恐ろしいほどの読書量を誇る人で、マンションの一室に泉鏡花全集を積み上げ、虫がキャベツを食うようにすさまじいペースで読破してゆく姿は、いまも忘られない。


というわけで近況といっても本の話が多め。ほどなく、某業界紙記者をしている旧友M君も参加して、タンゴの流れるミロンガでゆっくりお茶。以前このメンバーで行った居酒屋の店主、実は密教僧だった、というかなりどうでもいい情報を得る。伯剌西爾でコーヒー豆買いたいというIさんにつき合ってわたしも神田ブレンドを買い、地下鉄で神楽坂に移動。にぎやかな坂道歩きながら「ここは東京のパリなんですよ」と言ったら、Iさん鼻で笑っていた。
M君の知っている居酒屋に行く。日本酒の品揃えが豊富な店で、下戸のわたしには詳細分からないが、2人は喜んでいろいろ飲んでいる様子だった。モツ煮、栃尾揚げのピザ、安納芋の天ぷら、その他食べつつ雑談。Iさんからはヅカファンの世界についてレクチャーを受ける。知らないことばかりで驚嘆。M君とは仕事上インタビューする時のコツみたいな話。「芝田勝茂の『夜の子どもたち』は絶対好みだから読んだほうがいいよ」とIさんに薦められた。宗教っぽい話らしい。


お土産でIさんからは神戸のチョコレット、M君からは富山ののどぐろとろ煮をいただき、あっという間に22時過ぎ。2人はまだ飲みに行くらしかったが(M君が行き着けのバーとやらにIさんを連れていきたくなさそうなのが可笑しい)、わたしは仕事あるので帰宅。帰りの電車で読むつもりだった本、上下のうち下巻だけを持ってきてしまい、「グヤジー」とつぶやいて 仕方ないので居眠り。
帰宅して24時。 風呂で本読み。仕事すこしやって、昼夜がよく分からなくなってきたので寝る。





2017年11月11日土曜日

怪老人日乗:11月10日(金)



快晴。朝ご飯とって粛々と仕事。某誌インタビュー記事のゲラをチェックして戻した後、国分寺のコーヒー屋。
建設中の駅前ツインタワー、ちょっと見ぬ間にみるみる伸びて、立派な高層ビルになっている。ゾンビが出たらここに逃げ込めばいいか、と思うが果たして入れてもらえるだろうか。億ションらしいしなあ。仕事にしに来たはいいが肝心かなめのパソコンを忘れたことに気づき、原稿用紙で作業&ゲラ読みを進める。もともと当初は手書きで進めるので問題はなし。パッとしない恰好で町中に出てきたので、ひえーと消え入りたいような気持ちになる。
休憩かねて北口の七七舎にて古本。ここは以前、ら・ぶかにすとという古本屋だったところで、2年ほど前に中の人が交替。それにあわせて品揃えもぐっとこちら寄りになった。最近ではカルトな映画のDVDまで置いているし、今日行ったら浜慎二の怪奇漫画があった。表のワゴンでクリストファー・ゴールデン『闇に棲む少女』(ランダムハウス講談社)を購入。スティーヴン・キングも絶賛の「超自然サスペンスの最高峰!」ということだが、要はホラーってことでいいのかしら。超自然サスペンス、うーん、そういう言い方があったか。虚を衝かれる。


お昼ご飯をはさんで、午後は国立。星鹿教団ことスターバックスにこもって原稿進める。一橋大が近いせいか勉強している人多し。夕方までに一つ書き上げ、その場でメール。夕飯は鮭のクリームパスタ、スープ、グリーンカリフラワー他。グリーンカリフラワーはブロッコリーのようでブロッコリーでない、不思議な見た目の野菜であった。これも近所の畑のもの。わたしが住んでいるあたりは東京とはいえ畑が多いのです。
夕方、国書刊行会から荷物。予約購入している『定本夢野久作全集』3巻が届いた。先月は『新青年版黒死館殺人事件』を買ってしまったし、二か月続けて探偵小説金欠である。子供が寝た後、DVDで映画一本。半分は仕事絡み。仮眠して丑三つ時に起き、またまた仕事。屋外に出てみると夜空は澄みわたり、しかし妙な風がおどろおどろと吹きすさんでいた。


ところでこのブログのアクセスを調べてみると、函館の心霊スポットを知りたくて訪れた人が9割(どこかにリンク貼られているの?)。あとは『オフィスレディー明菜ちゃん』とか、『ゴクミ語録』『いるいないのひみつ』の画像検索で飛んできた人である。念のため謝っておこう。有益な情報がなくて済みませんね。





2017年11月10日金曜日

怪老人日乗:11月9日(木)


快晴。
朝3時から仕事部屋で原稿。むむむのむ。朝食後、テレビの情報番組を眺めていると「長時間座りっぱなしだと筋力衰えて病気になる」という話をやっている。どういう基準か分からんが、一定時間座りっぱなしでいると寿命が20分ずつ縮んでゆくらしい。恐怖新聞か。そういや明け方からこっちずっと座りっぱなし。もう手遅れかもしれないが、あわてて体操をする。家族に笑われた。その後も原稿1時間やっては短い散歩に出たり、手足を伸ばしたり。確かに健康にはいいかも知らんが、こりゃあ気が散って捗らないよ。


18時までずっと原稿。そこから今日中に入稿しないといけないものがあり、電車に乗って飯田橋。作業をせっせこ進めていたら、飛び込みでレビューの依頼一本。これは締め切りも遠かったし(交渉した)、大好きな海外ホラー作品だったので喜んで受ける。入稿作業済ませたら21時過ぎで、23時に帰宅。帰りの電車内でまた読まれている本のリサーチ。今日は大学生らしき男性が池井戸潤『鉄の骨』を読んでいる。わたしは仕事用のゲラ、座れたのを幸いひろげて読む。


お夕飯、味噌田楽、鮭炒飯、スープ餃子など。田楽に入れた大根は近所の畑で買ったもの。癖のない味でほんのり甘い。星海社にいるMくんから電話。今度星海社から出る『クトゥルーの呼び声』、彼が担当だそうで献本してくれるとのこと。ありがたし。近々ご飯でも、といって電話を切る。
子供がクリスマスにほしいもの、一日おきにコロコロ変わる。今日は「プラチク星人のおもちゃが欲しい」と言いだした。うーん、子供向けのプラチク星人って販売されているのか? しかし結局はDXジードライザー(現在放送中の『ウルトラマンジード』の変身アイテム)になりそう。あれはわたしもちょっと欲しい。


これといったネタがない日なので、仕事の報告を。《異形コレクション》久しぶりの新刊(とあえて呼びたい)、『涙の招待席 異形コレクション傑作選』 (井上雅彦編/光文社文庫)のレビューを編集部に請われダ・ヴィンチニュースに書く。昨日アップされたのでよろしければどうぞ。ここで読めます。現在発売中の『本の旅人』11月号(KADOKAWA)では貴志祐介さんにインタビューさせていただきました。防犯探偵シリーズの最新作『ミステリークロック』について。こちらも書店で見かけましたら是非。





2017年11月9日木曜日

怪老人日乗:11月8日(水)


曇天。午後から晴れという予報は大いに外れ、昼前から小雨が降り出した。
午前から身繕いして飯田橋。旧知のMさんとお昼ご飯。サクラテラス内のイタリア料理店にて、レモンクリームと小海老のパスタ、パン、蒸し野菜、コーヒ。Mさんは某月刊誌の営業職だった方で、少し前に近い業界の他社に移った。出版業界話、子育ての話などを一時間ばかり。といってもわたしには語るべきネタがあまりないので、Mさんの仕事ぶりをフムフムと興味深く聞く。 出会った頃は某インディーバンドのベーシストだったMさん(今もかな)、すっかり立派になられた。


都会に出たついでに諸方面と軽く打ち合わせのようなことをし、雑用足してから中野ブロードウェイにて古本。4階で怪奇幻想文学とオカルティズムを物色。今日も『UFO超地球人説』には出会えなかった。2階に立ち寄り、いつものようにゾイドの顔見て撤収。アイアンコング8万円、ゴーレム3万円。品揃えには変化なし。
そのままブロードウェイ脇のミスタードーナツに寄って仕事。たまった仕事をコツコツと片づける。ミスドは読書がはかどるなあ。帰りの中央線で本を読んでいる男性を観察。今どきスマホではなく活字に目を落としている人は珍しいから、つい気になるのだ。読んでいたのはジョン・ダービシャー『代数に惹かれた数学者たち』。駅からの帰途上、近所の住宅街にはうっすらと霧がかかり『エクソシスト』のワンシーンのよう。

 
帰宅して夕飯、イナダの漬け丼、胡麻豆腐など。くたびれたので少々仮眠、深夜にむっくり起きてゾンビーのように仕事をする。お腹が空いてコンビニへ。家の最寄りのコンビニ、とてつもなく愛想の悪い青年アルバイトがいて、当初はいやだなと思っていたのだが、最近はいっそ「頑固親父のいる店」と思うようにした。するとあら不思議、全然気にならない。むしろ老舗名店の風格さえ感じる。